旅行・留学

【旅の行き先の決め方】「世界地図で探す格安航空券」が便利すぎる。(Trip.com)

旅人の皆様、次の旅の行き先はどのように決めてますか?

気に入った国に何度も行くのもいいですが、行ったことのない未知の国、都市にも足を伸ばしたくなるときもありますよね。

今回は、そんなときにすごく役立つアプリを紹介します。

今回使用するアプリは『Trip.com』です。

Trip.comとは?

「名前は聞いたことある」という方も多いのではないでしょうか。
その理由の一つとして、Trip.comはかの有名な「Skyscanner」での航空券比較で最安値で出てくることが多いんですよね。

実は、Trip.comも機能的には「Skyscanner」と瓜二つです。
一言でいうと、航空券やホテルの比較サイトです。

僕も昔から「Skyscanner」ユーザーなので、普段航空券を比較するときは「Skyscanner」を使っています。理由は単純明快、Trip.comよりも比較件数が多く、より格安航空券を見つけやすいからです。

なので、僕はTrip.comは、今回紹介するある機能を使うときにしか使いません。

世界地図上で格安航空券を探してみよう!

さて、それではTrip.comの一部の機能である「地図上で格安航空券を探す」方法について紹介していきます。

僕にとっては、いまや無くてはならないものですが、知っている人はまだあまりいないので今回紹介させていただくことにした次第です。

まずはお手持ちのスマホに「Trip.com」のアプリをダウンロードしてください。

アプリを開くと、次のようなホーム画面が現れると思います。
(見た感じSkyscannerとよく似ていますね)

そのホーム画面の下の部分にある「キャンペーン」に進みます。

すると、様々なキャンペーン情報が載っていますが、一旦それらの情報は無視して、オススメ航空券の下にある「更に表示」をタップしてみてください。

すると、下のような地図が出てくると思います。
地図上の各都市にフライト料金が同時に表示されます。

まず確認していただきたいのが、最上部の出発地です。
ここをまず自分の見てみたい出発地に変更してください。
そして、日付はとりあえず未定のままでいいでしょう。

「片道」か「往復」も選べますが、往復の方がお得な値段が出てくることもよくあります。ただし、基本的にLCCの場合、片道も往復も値段は変わらないので、大きく値段が変わることはありません。

地図で調べられることのメリット

なぜ、地図で航空券を探せるのがそんなにいいのか。
僕が考えるメリットは下記3つです。

  1. 最大のメリットは、今まで知らなかった路線が発見できること
  2. さらに、思った以上に安い料金で行けることを知れる
  3. 全世界対応なので、世界を大きく見てフライト相場を把握できる

使い方は人それぞれなので、他にも色々と面白い使い方があるかもしれませんね。

検索の具体例

まずは出発点を自分のいる場所に設定して調べてみるとよいでしょう。

参考として、台北、ロンドン、マレーシアを出発点に設定した検索場合の画像を添付しておきます。(2020年1月4日時点)

※いずれの表示価格も「日付未指定」の「片道」です。

①出発地:台北(台湾)

 

※台湾のみ往復料金表示です
まず私が今住んでいる台湾を出発地点に選んでみました。
台湾は立地的に非常に便利な場所にあり、日本、中国、韓国、東南アジア、それぞれに行きやすいことが分かります。

台湾ーアメリカ間の往復35,000円の存在には驚きました。
(時間は掛かりますが…)

②出発地:ロンドン(イギリス)

さすがヨーロッパのLCCといった感じの価格がズラッと並んでいます。
ロンドンからヨーロッパ圏内、こんな値段でいけるのかと驚きです。

ロンドンーオスロ間の822円なんて、本当にこの値段で買えるのか確認してみましたが、全部コミコミ840円で購入可能でした。恐るべし。

③出発地:クアラルンプール(マレーシア)

アジアのLCC筆頭格のエアアジアが拠点を置くクアラルンプールを出発地点に置いてみました。お隣のシンガポールやタイを筆頭に、東南アジア諸国へのフライト料金、それぞれ激安です。

オーストラリアも最安で片道運賃1万円を切るようです。
とても羨ましいですね!!

④出発地:東京(日本)

東京発も、アジアへの航空券は意外と安いですね。
特に韓国、中国、タイ、ベトナムあたりがお手頃です。

当機能を使う上でのポイント

  1. 基本的に地図上に表示されている価格は全てコミコミの価格なので、よくある税金、燃料サーチャージなどの追加料金はありません。
  2. 表示料金が安くても、乗り継ぎ時間が長い場合もあります。(特に長距離路線)
  3. ただし、地図上の表示価格が100%正しいとは言い切れないので、実際に価格をタップして詳細画面で正確な料金を確認しましょう。
  4. 最初に表示される料金が安いのは、最安日の最安価格なので、日程を指定すると値段が急激に上がる可能性もあります。
  5. 値段は流動的です。お得なチケットを見つけたら即ポチりましょう。

 

以上、今回は「世界地図で探す格安航空券」を紹介しました。

次回の旅先を是非、この方法で探してみてくださいね!!