台湾語

いわゆる台湾語には「客家語」や「台湾原住民の諸言語」も含まれるの??

※今回の記事は少し専門的な話になるかもしれません。

台湾語とはいったいなんなのか?

とある台湾人からネット上で突然こんなことを言われました。

「台湾河洛語だけが台湾語ではございません!」
(※「河洛語」とはもともと福建省の方言の「閩南語」とほぼ同義語)

今まであまり聞いたことのないことだったので、興味を持ってこう返信してみました。

そうなんですね!
知りませんでした!
教えていただきありがとうございます!

少しネット検索で調べてみたのですが、なかなか情報が見つからないのですが、台湾河洛語以外にどのような言語が台湾語と言われているのですか?

するとすぐに、次のように返信をいただきました。

「台湾客家語も、台湾原住民語も、みんな台湾語です!」

なるほど。

僕はそこでなんとなくこの方の言わんとすることが分かりました。

いずれもルーツは違えど、現代の台湾に残っている台湾の言語は台湾特有のものであり、それは台湾の言語、つまり「台湾語」だという主張ではないかと。

台湾語をもう一度Wikipediaで調べてみた

ちなみに「台湾語」をWikipediaで調べてみると下記のように書かれてありました。

台湾の公用語は中国語(北京語)であり、国内では国語と呼ばれている。国語は中華人民共和国の公用語である普通話と基本的に同一言語であるが、現在では語彙などの細かい部分に多少の相違点が生じている。他にも日常生活では台湾語(ホーロー語、河洛話、福語)、場所によっては客家語、台湾原住民の諸言語が使用される。wikipediaより

Wikipediaによると、台湾語と客家語と台湾原住民の諸言語は明らかに区別されています。

おそらく、一般的な解釈としては、台湾語はやはり福建省の閩南語をルーツとした言語(ホーロー語、河洛話、福語などとも言われる)のことを指しているのだろうということが分かります。

しばらくすると、先程の方から次の画像を送られてきました。

台湾政府の教育部(日本の文科省に相当)に向けた文章であることが分かります。

要するに、台湾に存在する言語はそれぞれ平等であり、台湾語の中に「客家語」や「原住民の諸言語」も含むべきだという主張ですね。その前提として、現代の台湾では台湾語の中にこれらが含まれていないことに対して不満があるように感じられます。

「客家語」や「原住民の諸言語」も「台」湾の言「語」なんだから「台湾語」だろうと。

それを理解した上で再度「台湾語とは何か」を考察する

僕は言語的なことを考えた場合、Wikipediaに書いてある通り、台湾語と客家語と台湾原住民の諸言語は明らかに区別されるべきだと思います。

実際に、台湾で何度も台湾人から「台湾語」という単語を耳にしてきましたが、明らかにその中には客家語と台湾原住民の諸言語は含まれていませんでした。

僕自身も、台湾の一般的な認識と同じように、台湾語はやはり福建省の「閩南語」がルーツである、台湾で独自の進化を遂げた言語が台湾語だと考えます。

人の数だけそれぞれ考え方はある

人がたくさんいれば、それぞれ考え方も違いますし、主義主張も違うわけで、正解がないことだってこの世の中にはたくさんあります。なので、台湾に現在存在している言語全てを台湾語とする考え方があってもいいと思います。

皆さんは、どう考えますか?
是非考えをお聞かせください。