台湾語

「台湾で通じる日本語」を列挙してみた(※台湾語でないものも含みます)

台湾には多くの「日本語」が残っている

その理由として、戦前の50年に渡る統治時代の日本語教育の影響が最も大きいと思われます。その他、現在の日本のドラマや漫画の影響もあります。

ただ、時の流れで台湾に日本語世代がほとんどいなくなってしまったこともあり、あまり使われなくなったものもあります。

それでもまだまだ台湾に溶け込んでいる日本語が多く残っています。

僕も台湾で生活している中で、このような日本語を発見する度にいちいち感動を覚えた記憶があります。「え!?これも日本語と同じ!?」って。

今回は、そんな「台湾で通じる日本語」をできるだけたくさん集めてみました。

基本的に、日本統治時代から残っているものは台湾語として扱われることが多いですが、近代に台湾で定着した日本語も含まれています。
また、中には近年では使われなくなってしまったものも含みます。

台湾で通じる日本語リスト

【日常編】

ありがとう (台湾人風に言うと「ありあど」)

おいしい (これは鉄板)

かわいい (これも鉄板)

さよなら (もはや世界で通じる)

だいじょうぶ (そのまま)

がんばって (台湾人風に言うと「がんばて!」)

いちばん (これの当て字が秀逸すぎる「一級棒」)

しあわせ〜 (テレビCMで使われてた)

にほんじん (やたら言われる)

きもち (商売には「きもち」が大切。ぐっときました)

サービス (台湾人独特の発音が好き)

とーさん (「とーさん」世代という言葉がある)

おばさん、おじさん (日本語でのイメージより年齢がもっと高い)

せんせい (最近はあまり使わないかな)

かんばん (普通に通じる。看板)

たたみ (他他米って見た時驚いた)

あっさり (味ではなく行動。武士道的な)

あたまこんくり (鉄板だけど台湾でももはや死語)

ばか、ばかやろう (若者が使いたがる)

ちょっとまって (たぶん通じる)

マッサージ (日本人は昔から好き?)

【飲食編】

おでん (台湾人風に言うと「おれん」)

てんぷら (日本で言う練り物)

さしみ (鉄板)

とろ (日本語と違って、赤身のこと)

りんご

とまと

たこ (知らなかった…)

わさび (もはや世界のWASABI)

ビール (台湾人風に言うと「びる」)

みそ (これも知らなかった…)

パン (台湾語になってる)

【交通編】

オートバイ (超鉄板)

トラック

ハンドル (細かなパーツこそ日本語)

エンジン

運ちゃん (鉄板。実際にはあまり聞いたことないけど)

バック (英語が日本語経由で台湾に)

あそび (空間に余裕を持たせる)

【仕事編】

ドライバー (台湾人風に言うと「ろらいば」)

ノギス (台湾人風に言うと「ノリス」)

せびろ (実際にはあまり聞いたことない)

しあげ (作業が終わることを言うらしい)

【その他】

スリッパ (これもあんまり聞いたことない…)

ライター

さくら (客引きの方。これには驚いた)

【年配の方のみ】

あぶらあげ (淡水名物の「阿給」で今後も残りそう)

たんす

あぶない

みかん

いす

おちゃ

 

以上、僕が知っているものに、ざっと調べたものを付け加えてみました。

驚くことに、これだけの日本語が台湾に残っています。
これを年代関係なく使えるタイミングで使えば、台湾人との距離がグッと近づくはず!
まずは簡単なものから覚えて試しに使ってみましょう!

ちなみに僕が好きなのは、

「きもち」「サービス」「いちばん(一級棒)」!!

知って驚いたのは、

「さくら」「ノギス」「あそび」!!

自分の知っているもの以外にネットで調べている時に、下記リンクの論文をみつけたので一部参考にさせていただきました。http://www.anlp.jp/proceedings/annual_meeting/2006/pdf_dir/P1-11.pdf

黄迎春、新居田純野(大葉大学)、上原聡(東北大学)著